Fukiko tamura
タムラフキコ

男の一生

木曽川のほとりに生まれ育ち、自由な野武士として、また織田信長や豊臣秀吉に仕えて生きた前野将右衛門の一生のお話です。前野家にのこされた文書から立ち上がった小説で リアルな人の生きた感覚が残りました。 カバーを描きました。デザインはアルビレオさんです。

クライアント名 : 日経新聞出版社

関連サイト :

OTHER WORKS