Keiko Tada
多田景子

小説新潮1月号

林真理子さんの「クリケン」という読み切り作品の挿絵を描きました。 クリケンというあだ名の高校時代の人気者を巡る二人の女性の話です。林真理子さんの作品に関わるのは「いいんだか悪いんだか」の装画以来2回目です。

クライアント名 : 新潮社

関連サイト : 新潮社

OTHER WORKS