Izutsu Hiroyuki
井筒啓之

殉国

2020

「郷土を渡すな。全員死ぬのだ」 太平洋戦争末期、沖縄戦の直前、中学生にガリ版ずりの招集令状が出された。小柄な14歳の比嘉真一は、だぶだぶの軍服の袖口を折って、ズボンの裾にゲートルを巻き付け、陸軍二等兵として絶望的な祖国の防衛線に参加する。 少年の体験を通して戦場の凄まじい実相を凝視した長篇小説。 実在の人物の体験を、ことこまかに聞きとり、特異な事実をそっくりそのまま写し取った外面的リアリズムが、読む者の胸を強く打つ。 1991年に刊行された文庫本の新装版。元本は、累計102000部のロングセラー。 解説・森史朗

クライアント名 : 文藝春秋

関連サイト : 文藝春秋HP

  • 文藝春秋 著者 吉村昭 デザイン 文藝春秋デザイン部 中川 真吾 イラストレーション 井筒啓之

OTHER WORKS