amigos koike
小池アミイゴ

京都新聞連載「いくつもの空の下で」21-40

2020

澤田康彦さんの京都新聞日曜版での連載コラム「いくつもの空の下で」でコラボさせてもらっているイラストレーションです。"コラボ"と書いたのは、澤田さんのコラムを読んだボクがどんな絵を描くのか、澤田さんや編集の方が毎回楽しみにしてくれているから。この楽しい関係が日曜の読者しゃんい伝わればいいなと願い、毎回フフフと笑いながら描いています。「暮しの手帖」での連載からお付き合いの深い澤田さんの文章は、元祖草食系男子と的膨大な文系知識を生活空間に落とし込み、青春の自虐なども隠し味になっているウイットに富んだもの。まだ中学生のお姉ちゃんと小学2年生の息子さんとの会話など、現代版の落語のようでとても楽しいです。連載20年くらい続けばいいのにと思うのですが、あと数ヶ月、やはりフフフと筆を進めてゆきますね〜_(とりあえず30回まで掲載)

クライアント名 : 京都新聞

  • 短くなるまで使ってしまう鉛筆について。鉛筆削りはステッドラーのちっこいのが一番使いやすい。
  • 映画「ティファニーで朝食を」でオードリー・ヘップバーン歌う「ムーンリバー」
  • 息子さんと花札の日々。澤田さんから「上品に描いてくれてありがとう」のメッセージいただいた。
  • 草刈りをしていたらカマキリが出てきた。
  • 実家の柿の木を思う。猿とカニが仲よければいいなと願い描く。
  • 大学受験で下見に行った慶應大学の学祭で出会ったユーミンの衝撃!
  • 絵本「パンやの くまさん」で描かれる"ほんしきのあさごはん"の素晴らしさ!
  • 息子さんとキャチボール。映画「宇宙戦争」でやはりキャッチボールするトムクルーズの投球フォームが変。
  • 自助、共助、公助、という言葉に思うこと。
  • 故郷滋賀の能登川町で感じた方言の面白さ。

OTHER WORKS