Noriyuki Goto
後藤範行 /ゴトウノリユキ

PlanNews (12画像)

2023

プラン・インターナショナル・ジャパンが発行する広報誌「PlanNews」 少女が直面する様々な問題を物語を通して訴える、ガールス・プロジェクトページ。

クライアント名 : PLANinternational/プラン・インターナショナル・ジャパン

関連サイト : プラン・ニュース バックナンバー

  • PLAN NEWSvol.124 2023年秋号 中学校で教師を務めるムアはモン属の女の子たちが結婚を理由に学校を中途退学してしまうことを問題に感じていました。かつての教え子ズンは15歳で結婚し、出産しており、早すぎる結婚の悩みや問題をムアに語ります。そこでムアは義父母を説得し、支援クラブに参加したり、バナナチップスの製造や販売を学ぶのです。
  • PLAN NEWS vol.123 2023年夏号 難民キャンプで暮らすマリアムは5人の子供を持つ母親です。ある晩一番下の2歳になる娘が栄養失調で下痢をしてしまいます。プランのボランティアであるハナーディは「上腕計測メジャー」で計測、緊急性が高いとし緊急輸送で入院させ点滴治療を受けさせます。
  • PLAN NEWSvol.122 2023年春号 エクアドルに住むメリッサは家が貧しく教育が受けられなかったが、プラン・インターナショナルのコミニティ・ボランティアの助けで日本人のスポンサーをつけることができ、金銭的援助と交流を持つことが出来た。そしてスポンサーとの対面もかなったのでした。
  • PLAN NEWS vol.121 2022秋号 インドで働くソーシャルワーカーのダーシャが、性被害にあった16歳の少女アイラに対しカウンセリングや職業訓練をとおして社会復帰を促す話し。
  • PLAN NEWS vol.120 2022夏号 グローバル・プロジェクト/アフリカの角と呼ばれるソマリアを舞台に、干ばつに苦しみ、毎日水汲みの労働で教育の機会をなくしたハワという14歳の女の子の話しです。。
  • PLAN NEWS vol.119 2022春号 ガールズプロジェクト/アフリカや中東などの30カ国以上では大人の女性になる通過儀礼として 「女性性器切除」の習慣が残っています。今回はスーダンにすむアリアという15歳の女の子と9歳になる妹を通してこの問題に取り組むPLANNO活動の話しです。
  • PLAN NEWS vol.118  2021秋号 ガールズプロジェクト/ガテマラの先住民族のデイシは18歳の女の子。学習や技術を身につける機会がほとんどないことが問題になっていて、プリジェクトにより若者や女子の生活向上と安定を目指す話です。
  • PLAN NEWS vol.117 2021夏号 ミャンマーのイスラム系少数民族ロヒンギャの少女スゥエは17歳。国を追われバングラデシュの難民キャンプで過ごすが、教育の機会を奪われ読み書きさえ学べなかった。プロジェクトにより読み書きや計算を学び、少しずつ将来の夢が持てるようになりました。
  • Plan News vol.116  2021年春号 西アフリカのニジェールにすむ13歳の少女ザリカの物語。 「栄養不足の子供の食糧支援」で支給されたヤギや野菜の苗で生活が改善し、自給できるようになります。
  • Plan News vol.115 2020年秋号 今回は西アフリカにある小国トーゴに暮らす、聴覚障害を持つ11歳の少女クンバの物語です。
  • Plan News vol.114  2020年夏号 シリアと国境を接するヨルダンに開設されたアズラック難民キャンプに住む13歳の少女ナイラの物語。
  • PlanNews vol.113 2020年春号 バングラデシュの貧しい少数民族の女性の物語です。
  • PlanNews vol.111 ガールズプロジェクト 西アフリカのブルキナファソで人身取引に直面する少女の物語です。
  • PlanNews vol.108 グローバル・プロジェクト 干ばつによる食糧不足に苦しむ、アフリカのニジェールのある一家のお話です。

OTHER WORKS